写ルンですDigital

 しばらく前に、10代や20代のとくに女の子に”「写ルンです」が流行っている”と聞いた時はにわかには信じられなかったのだけど、フォロワーのかわいこちゃんによると事実なようで。

 現像しないといけないのですぐに結果を確認できないそのアナログさが受けているそう。まさに、時代は巡る。

 実家には父や母、あるいは親戚が撮った僕や兄の写真がたくさんあるし、自分でフィルムを巻いて(この表現合ってるのかしら)シャッターを切った記憶ももちろんある。いつでも身近にあったフィルムカメラ、それが「写ルンです」だ。

 カメラといえばデジタルな僕には、いまリバイバルブームとなっているそれが当時のものとどの程度違うのかはよく分からないが、写ルンですの写りを気軽に楽しめるこんなプロダクトがある。

 

www.gizmoshop.jp

 写ルンですに使われているレンズを再利用し、ミラーレスカメラ向けに各マウントをセットにしたもの。換算32mm相当、F16固定の立派なパンケーキレンズだ。

 マニュアルフォーカスだが広角なうえF16ということで深い被写界深度によってパンフォーカス(全体にピントが合っているように見える状態)を容易に実現できる。つまりピントをほぼ気にせず本当に気軽に撮れる。写ルンですが「難しいことを抜きにしてだれでも気軽に写真を楽しめる」という、その実非常によく考えられたカメラだということが今さらながらよく分かる。

 

「Utulens」snap「Utulens」snap「Utulens」snap

「Utulens」snap

「Utulens」snap「Utulens」snap

「Utulens」snap

「Utulens」snap

  そこらの公園をふらふらしながら試写してきた。全て撮って出し。隅は派手に減光するしフレアもよくお目見えする。全体に情緒的というかシネマっぽさがあってとても良い。レンズの絞りが固定ということで暗いところには弱いものの、圧倒的な軽さも手伝ってスナップに最適。適当に構図を決めてパシャパシャ。

もちろんフィルムは必要ないのよ! EXIFにレンズ名称が残らないのが残念なくらいで、あとはもう大満足。スナップって楽しいな。

 

α7Ⅱ &「Utulens」

 

 

be a minimalist?

paper mini wallet

 服も靴も持っていないし、デムナ・ヴァザリアにさして興味があるわけでもない。バレンシアガとは、今はもうさほど関心がなくなってしまった海外ブランドたちを暇にあかしてネットで眺めるついでに流し見るくらいの存在だ。

 それでもこのカードケースみたいな大きさの財布はとても魅力的だった。「paper mini wallet」というらしい。もう6年だか7年だか使っているホワイトハウスコックスが(僕が手入れをしなさすぎたせいで)だいぶみすぼらしくなってしまっていて(みすぼらしいので載せない)長いこと新しいものを探していたところにFashion pressだかなんだかの過去記事を見て知った。もう長らく人気商品だそうで。

 

 銀座の店舗で実物を見せてもらった時には、時期の問題もあり完全に「プレゼントをお探し」な感じに受け取られてしまい、つくりをじっくり観察するのにちょっと気まずさがあった。良い年した男ですが使いますよ。

paper mini wallet ホワイトハウスコックスの定番のものと同様に(こちらは小銭入れは外側に付いているが)使い慣れた三つ折りでありながらびっくりするほど小さい。比較は iPhone SE。カメラを持ち歩くことも多くなり、日頃から荷物は少なく小さく軽くしたいと思っていたのでちょうど良かった。色は黒もつまらないかと思いグレーにした。グレーフォシルという名称だったか。

paper mini walletpaper mini walletpaper mini wallet

 小銭入れも札入れもまぁミニマム。カード入れは札入れ部に3枚分しかない。3枚だ。これはもうあれこれ無駄に持ち運んでいたカードたちにお留守番してもらい、本当に必要なものだけにするしかない。

 免許証に保険証にキャッシュカードにクレジットカード...。すでに許容量を超えている感があるが一箇所に2枚までならあまり無理なく入りそうなのでその辺はあまり気にしないことにする。いやしかしこの財布がてっぷり太っていたら本当にかっこ悪すぎるので真剣に考えないといけない。

 

 そう、Tカードもポンタカードも持ちあわせていませんよぼかぁ!

 

 この厳選作業は実際やってみるとかなり楽しい。今俺は無駄をなくしてる!これはあれだ!ミニマリストだ!という気持ちになりたい僕のような人には文句なしにこの財布おすすめできる。

 

 

 

 

Loxiaの夏と秋

 この夏以降、チャンスがあればカメラを持ち出してあれやこれやと撮ってきた。クオリティはアレではあるがまとめておく。α7Ⅱ+Loxia 2/50の作例と思ってもらえれば。写真はいわゆる撮って出しのものもあればLightroom経由のものも。

 

ほおづき市

ほおづき市

ほおづき市

baby

 近所のお祭りとその帰り。息子はやたらと甚兵衛が似合っていた。つまりかわいい。

 

on Ginza

on Ginza

on Ginza

on Ginza

 銀座はいつ来てもカメラを構えたくなる。そういえば銀座SIXは中で撮るのを忘れた。

 

wedding!

wedding!

 9月には後輩くん&後輩ちゃんの結婚式に参加してきた。懐かしい顔ぶれとも再会しサイコーな時間だった。もちろん意気込んでカメラを持ち込むわけだが、なんせα7ⅡでのレンズはLoxiaしか持っていない。つまり勇敢にも50mmマニュアルフォーカス一本勝負を挑んだわけだ。

 席に恵まれ(友人枠なので新郎新婦目の前のテーブル)たこともあり、意外と暗さに困ることもなく披露宴でも順調に撮影できてるぜ...と思いきや、新郎新婦のもとに集まって写真を各々のカメラで撮ってもらう段にて問題が...

先輩「αでも撮ってもらいなよ」

僕 「...あ、じゃあすみませんお願いします。あのーこれマニュアル単焦点なんです」

式場のプロ「えー!オートになりません?」

僕 「い、いやーそれだと無理なんですよ」

プロ「えー!撮れるかな...じゃあいきますよー...」パシャリ。「どうですかね?」

僕 「ありがとうございますすみません!完璧です!」

別のプロ「ツァイスですか、いいですね」

僕 「ありがとうございます、好きなんですよー」

 ...だから遠慮してたのに!お手数をお掛けして非常に申し訳なかった。キャノンのEOS 7Dを肩から2台下げて華麗に撮りまわる女性プロカメラマンをも戸惑わせてしまった。AFもないうえ実絞りのレンズなど持ち込まれることがほぼないのだろうすみません。プロの名誉のために一応言っておくと、載せられないが写真は本当に完璧だった。

 

(あと別プロのコメントはかなり嬉しかった)

 この日の写真たちに関しては、まだまだ勉強中のLightroomでのRAW現像に挑み色々と学びがあった。難しいけど楽しい。

 

chiba zoological park "fuuta"

chiba zoological park "fuuta"

chiba zoological park

chiba zoological park

chiba zoological park

 息子は生まれて初めての動物園。レッサーパンダはかの有名な風太くんだ。歳はとってもまだまだ元気。分かっていたことではあるけど50mmでは表情まで捉えるのは難しい。このときはまだ触ったことがなかったのだけど、ズーム機能を使えばよかったな。

 

flower museum

flower museum

flower museum

flower museum

花を撮るのは楽しい。マクロで撮りたくなる気持ちもよーく分かる。楽しい。

 

gate

road

silence

beam

"北口本宮富士浅間神社"

leaves

Mt.FUJI from Kawaguchi-lake

 秋晴れの富士吉田は河口湖畔より。10月末だったけど台風一過の青空の下は暑いくらいだった。

 

”東京蚤の市”2017

”東京蚤の市”2017

”東京蚤の市”2017

”東京蚤の市”2017

”東京蚤の市”2017

”東京蚤の市”2017

”東京蚤の市”2017

 数年前から行きたいと思いつつ叶わずにいた「東京蚤の市」に行ってきた。妻へのおみやげ以外なにも買わなかったけど入場料500円の価値は十分。この日は「JPEGエクストラファイン固定&マニュアル露出!」の縛りを設けて撮り歩いた。

”東京蚤の市”2017

 ミノルタのカメラ。(ケースのみだったか?)渋い。こちらは通常撮影。

”東京蚤の市”2017

 こちらは同位置から「超解像ズーム」の最大値である2倍で撮影したもの。使用には条件はあるものの、ソニーの言うように画質の劣化もほぼ感じられず、僕には十二分に実用に足る。最大100mm相当で撮れるというのは心強い。どんどん使っていくつもり。

 

 

 どこへ持ち出してもしっかり構えて撮りさえすればコントラストの効いたいい写真に仕上げてくれる。このレンズについては、明暗差がある場面が得意でロー側が特にきれいに出る。あとはやっぱりフォーカスリングが素晴らしい。本当に良いカメラとレンズの組み合わせになっていると思う。

 

 ちなみに、上記のズームで望遠側はとりあえず済ませられるような気がしているので、拡充するなら広角側かなーなどと思いあれこれ調べている。これだけLoxia愛を語っておきながら。ここが沼ですか?

 

 

 

SONY α7Ⅱ

Loxiaで写真を撮りたい!キミにきめた!!

 

と、前記事の通りレンズを指名買いするにあたり必然的にEマウントデビューすることとなった。

 

LoxiaはソニーEマウントの35mm判フルサイズセンサーカメラ(このあたりちゃんと書こうとするときの文章的な複雑さは本当にめんどくさい)用レンズなので、使用するにあたりカメラ本体の選択肢としては「α9」もしくは「α7」シリーズに大別され、α7には高画素機「R」画素数が少ない代わりに高感度に強い「S」というバリエーションがあり、さらにそれぞれに第2世代であるⅡが存在する。

このうちα9については高価すぎて手が出せない。フラッグシップ機はお値段もフラッグシップ。機能や外観うんぬん以前のお話で、無い袖は振れない…

 

残るはα7だが、まず初代とⅡの差について最大のポイントは手ブレ補正の有無。Ⅱのボディなら基本的にはどのレンズでも補正の恩恵にあずかることができる。実物を触ってみると、各部スイッチやシャッターの位置などが煮詰められており、Ⅱの方がより使いやすそうだった。扱いやすさを求めてキャノンのMを選択した僕としては軽さは絶対に追求したいところだったが、この際重量増には目をつぶり機能と完成度を優先してⅡに決定。

結果的にはα7Ⅱを買ったわけだが、これはα7RⅡ/α7SⅡの兄弟機に比してコストパフォーマンス抜群で僕でもなんとか手が出せたため。両機種は実勢価格で30万を超えるがα7Ⅱはその半額以下。さらにソニーのキャッシュバックキャンペーン適用により実質2万円引き。本当に安い。フルサイズでは言うに及ばず、そこらのAPS-Cセンサーのカメラよりも安かったりする。せっかく良いレンズを買うので本体も良いものを(とくにR)…と考えもなくもなかったが、値段の問題を置いておいても素人には過ぎたるもの。そもそも性能面では無印でも不足はない。

 

というわけでα7Ⅱ+Loxia 2/50で晴れてフルサイズデビューをキメた。やったね!

各所でのレビュー通り、カスタマイズ性が高いのが良い。少しずつセッティングを煮詰めているところ。無駄なシャッター音の大きさやMENUボタン位置の悪さ、いじりたい項目の呼び出しが直感的に出来ないところなど欠点ももちろんあるがそこは使い込んで慣れるしかないかなと。

 

Loxia一本で撮っていく以上、マニュアルフォーカスをいかにスムーズに行えるかが写真の出来に直結するのでそこを中心に模索中。

本体にフォーカスアシスト機能があるためピント操作と「ピント拡大」を直結させることができるのだが、そうするとピントリングに少しでも触ると拡大画面に入ってしまいどこを見ているのか掴みづらくなってしまう。構図を完全に決めてからピント操作に入るならこれでOKだが、個人的には、ファインダーを覗くと同時にピントを探りつつ撮影体制に入りたい。「構図を考えつつピントリングもグリグリ」が理想。

そこでアシスト機能自体は「切」にしておきカスタムボタン(C1)に「ピント拡大」を割り当て。絞りを決めつつピント合わせ→ピーキングを参考程度に確認しつつ、必要に応じてC1でピント拡大→ピントを追い込んでシャッター!という流れに落ち着いている。このあたりは今後も探りつつやっていくつもりなので備忘録代わりにトライしたことは書き残していきたい。

 

撮影数自体がまだまだ少ないものの、全体としては特に明るいところから暗いところまで本当にきれいに写すなぁという印象。「階調が豊か」という表現になるのか明暗がどちらもつぶれずよく粘るイメージ。

レンズの良さも手伝って時折、ハッとするほどきれいな写真が撮れる。

 

 

目下のところ家族写真ばかりなので、載せられるものがないのが悩みといえば悩み(笑)早く外で撮り歩きたい...。

 

α7Ⅱ Loxia 2/50

 

 

 

 

ZEISS Loxia 2/50

自分でカメラをまわすわけではないが、僕は仕事で動画の撮影に関わることがある。基本的には手動でピントを合わせて撮るわけで、ある時「スチール撮影の場合、マニュアルフォーカスレンズというのはどういうものがあるんだろう…?」という疑問に至った。

そこで辿り着いてしまった…そう、カールツァイスZEISSである。

 

プロ用シネマレンズから一般向け各種レンズまで。伝統的にマニュアルフォーカスレンズがラインナップされているようだ。ほほう、Loxia ね。ふむふむ。

えっ?…なにこれ…ちょうかっこいい…トゥンク…!

 

 

これだ。ZEISS Loxia 2/50 | Fullframe manual focus lens for Sony α series

 

 

いやもうほんとにカッコイイ。シンプルで精密に距離指標と被写界深度目盛りが刻まれた筐体。(フルサイズの割には)コンパクトなサイズ。素敵すぎる。


ひまを見つけてカメラ屋にさわりに行くと実際すばらしい質感だった。重量のわりに小さく、金属筐体なので、なんというか凝縮感とどっしり感がある。ピントリングは重めのトルクでびっくりするほどの滑らかさで回転する...!

この手のレンズでアイリスリングが付いているものは初体験だったが慣れれば素早く操作できそう。そもそも単焦点なのでズームリングをいじる手間が無いわけだし。

後にあれこれ調べて知ったことだが、どうやらこのLoxiaは元々コシナからリリースされていたレンジファインダー用のレンズ群をソニーEマウント用に再設計しリファインしたものだそう。伝統の(言ってしまえば古い)光学設計といい、サイズ感といい、佇まいといい、なんだか色々と納得した。

 

ここ2年ほど、カメラはキャノンのミラーレスEOS M3を愛用してきた。全体がコンパクトにおさまるミラーレスという点と、EF-Mレンズの素性の良さから重宝している。でもそれでも、マウントを増やしてでも、このレンズで撮ってみたくなった。Loxia シリーズからは近い焦点距離でいうと35mmもリリースされている。これまで(換算で)35mm単焦点を愛用してきたのでこの画角の万能さは十分に理解しているのだけど、ここはひとつ一歩踏み込んだ50mm、世間でいうところの「標準レンズ」を手にしてみたかった。ありがたいことに値段も50mmが最安だ。

 

とはいえソニーαシリーズ本体とこのレンズ。僕にとっては並の出費ではない...(価格comでお気に入り登録をしてから)たっぷり半年間、作例を見まくりつつ悩みに悩んだ。

 

このレンズの良さが全部出ているような素敵すぎるレビュー。もう最高。35mmのほうのレビューも必見。Kさんの写真、本当に素晴らしい。

 忘れちゃいけないのは、これがいかに素敵なレンズでもマニュアルフォーカス専用だということ。カメラはピントを合わせてくれない。写真を撮るにあたって基本的にAFありきのMFしか使ってこなかったためもちろん不安いっぱい。しかし、だ。

 

こちらを読んでものすごく勇気が貰えた。ヒーコは本当にためになるウェブマガジンで、この記事をきっかけにあきりんさんが好きになった。マニュアルフォーカスでしか撮れない写真がある。至言。

 

 

 

...とまぁ、なんだかんだと悩みながらも自分を納得させてもちろんめでたく購入!

ツァイスが最新の技術で送り出した最新のオールドレンズ!

favorite one

ソニーのα7Ⅱについてのあれこれはおいおい書きたいと思う。

何をおいても幸運だったのは、35mmフルサイズセンサーを積んだカメラとしては非常に小さいα7Ⅱのグリップが僕に合っていたことだ。手が小さめで良かった。これは使いやすさを大きく左右するポイントで、今ではこれより小さくともM3は持ちにくいなと感じてしまう。

値段の面でも、ありがたいことに(おそらく)モデル末期だということとソニーのキャッシュバックキャンペーン対象となっていることでびっくりするくらい安く買えた。結果的に実質10万以下であった。ソニーさんヨドバシさん本当にありがとう

 

当面の目標は家族写真をしっかり撮れるようになること。果たして子供の動きに僕のフォーカス技術で付いていけるのか...大丈夫なのか!

 

α7Ⅱ Loxia 2/50

α7Ⅱ Loxia 2/50

α7Ⅱ Loxia 2/50

α7Ⅱ Loxia 2/50

α7Ⅱ Loxia 2/50

α7Ⅱ Loxia 2/50

 

 

ちょうかっこいい。最高。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カガリユウスケ「追複」

「追複」

先日、カガリユウスケ新作個展「追複」に足を運んできたのでレポート的に。

写真撮影と掲載の許可をご本人に頂けた。カガリさんありがとうございます。

 

「壁をモチーフにした一風変わったカバン」を最初に知ったのは5年ほど前、密買東京で見たのだったと思う。公式サイトで調べてみるとどうやらカスタムオーダーができることが分かり、当時商品が扱われていた人形町のお店にて、直接手にしつつ話しながらオーダーすることができた。(ハンドルを少し短くし内ポケットを付けてもらった)その名も「WALL」

WALL

ベースになる分厚いレザーに直接外壁用のパテを塗り重ねてつくられている。この無骨さがたまらない。最初は真っ白で、使用していくにつれてスレや汚れが付き変色や色移りがおきる。この経年変化を楽しめるのが最大の魅力。どんな壁も持ち歩いたら汚れるのだ。

WALL

WALL

WALL

WALL

WALL

WALL

不思議なフォルムもまた良い。素材は言わずもがなだが形がまた変わっているのでとにかく目立つ。白いカバンは飛び道具的にどんな服装にでも持てるので好きだ。

最高に気に入っているので個展にも意気揚々と持っていったところカガリさんご本人に「最近は手間が掛かりすぎるからこの塗り方はやっていないんですよ」と話を聞けてそれがまた嬉しかった。だいぶ良い味が出てきて良いカバンになってるんじゃないかと思うけどいかがでしょうか。

 

前置きが長くなった。個展の話。

 

3331 Arts Chiyoda

www.3331.jp

。ここは閉校になった中学校の校舎を改修してつくられた文化施設で、当日も各教室内で色々な催し物があった。

余談ながら世田谷にも「世田谷ものづくり学校」というのがある。こちらも似たような経歴の建物で、仕事で利用したことがあるが学校がベースだからとにかく雰囲気が良い。こういった施設はジャンル問わず作家が作品を発表するのには素晴らしい場なんじゃないだろうか。もっと校内の写真撮ってくればよかったな。

 

「追複」

「追複」

「追複」

「追複」

  懐かしのTHE 教室といった趣の会場に所狭しとディスプレイされたカバン・小物・アクセサリーたち。今回の個展では過去作品の複数のテーマ(前述のWALLをはじめ「都市型迷彩」「100年の壁」「SKIN」などなど)を、新しい型で展開しつつ、新作を公開する形になっていた。

僕はWALLシリーズのカードケースとポーチも愛用しているが、手作業で仕上げられるため同じ商品でも一点一点違った経年変化が起きる。写真を撮り忘れてしまったが実際にある程度の期間使用したものが置いてあり、それと見比べるのがまた面白かった。

 

「追複」

「追複」

「追複」

「追複」

「追複」

「追複」

一輪挿しや照明のシェード、スニーカーとブーツ、各地の実在する壁を生地の柄に使ったスカーフなどカバン以外もとにかくバリエーション豊富。

「追複」

「追複」

その場でオーダーもできるしこのリュックは本当に欲しかったが背負うバッグはすでにたくさん持っているので涙を飲んで我慢した。ちなみにレザーにクラックが入っているシリーズ、これは書いているのではなくて彫刻刀で彫ってそこに墨を入れているらしい。ものすごく大変だそう。かっこいいぜ。

ずっとカガリさん本人も在廊しており、他のスタッフの方と一緒に作品についてあれこれ説明してくれた。僕がM3で写真を撮りまくっていたらカメラについての話になりこれまた楽しかった。GXRユーザーだったそうで、それだけでいかにカメラ好きかが分かるというもの 笑

 

それぞれのカテゴリーで過去作品と同様のアプローチをしたものを披露しつつ、新しい加工や素材を使った新作を発表するという、これまでの集大成的な場でありこれまで以上に意欲的な作品に触れられる場でもあった。

いまや単にカバン作家という枠に収まらなくなった「カガリユウスケ」。これからも楽しませてもらえそうだと確信できる素晴らしい個展だった。

 

「追複」

「追複」


CT70

明けましておめでとうございます。

昼も夜もないので年末年始とも仕事なうえ、当然子供も平常運転なのでただ月が変わっただけっぽい年越しだったような…

 

2017年最初の投稿なので買い初め報告でも。本当は年末に購入は済ませていたのだけど家に届いたのがつい先日なので今年の買い物とする!

f:id:kuma_w:20170115064017j:image

コンバース Chuck Taylor 70'

ちょうど一年前に黒のハイカットとローカットを買ってかなり気に入っているのもあり、こちらをまたもやセールで購入した。

f:id:kuma_w:20170115064427j:imagef:id:kuma_w:20170115064437j:image

当て布、ソールの厚さ、アッパーやシューレースの色味などなど往年のチャックテイラーのディテールを忠実に再現しているのがこのCT70。似たようなコンセプトの「First String」というのがあるみたいだけど違いはよく分からず。あちらは確かヒールパッチが★のバージョンだった気がする。

 

f:id:kuma_w:20170116213934j:image

f:id:kuma_w:20170116213948j:imagef:id:kuma_w:20170116214004j:image

去年買ったオールスターといえば、のブラックと比べると爪先の部分やインソールも生成りがかった白ではなくとにかくホワイト。すごい体育館履き感シューレースは黄色味があるほうが好きだけどこちらにはこれが合ってる。

アメリカ製のコンバースを気に入ったところからファッション好きになった僕だが、これからはこのシリーズを追っかけていけば十分な気がしている。(存続すれば)特にソールの厚みは履きやすさにも大いに寄与していてとても好ましい。

 

ところでこれは去年同様LN-CCで購入したのだけど、生成りに赤ラインの定番色のもオーダーしたはずが「在庫ないのに有り表示になっちゃってたよごめんね!」(英語)というメッセージが。ド年末のことだし管理が行き届かなかったのか。まぁホワイト良い感じなのでよしとする。

 

f:id:kuma_w:20170116220024j:image

初詣の際に履きおろし。新しい白スニーカーでお参りできてとても良い気分だった。

今年もよろしくお願いします。