昼も夜もないブログ

子供と写真 日常の記録

2/50

標準レンズというのは焦点距離50mm付近のものを指し、そもそもはライカが…という一般的なお話ではなく、自分が写真を撮るうえでの基準というか、定番となっているレンズについて。

いちのみやフォトウォークでもご一緒させて頂いたしむさん(@46sym)のブログでの、この最高な記事に触発されてまとめてみたくなったので書いてみる。

kotoba-box.com

 

これだけ愛を語れるレンズに出会えるのは本当に素敵。僕の場合は本格的に写真にのめり込むまさにキッカケになったレンズ、ZEISSの「Loxia 2/50」。21でも85でもなく、50!  #わたしの標準レンズ について。

f:id:kuma_w:20190612222819j:plain

Loxia 2/50 近影。そもそも見た目がかっこよすぎる

以下、このイケメンレンズの肝心の写りがどんなものなのか参考までにぜひ見て頂ければと。

f:id:kuma_w:20190610233504j:plain

もちろんフォトウォークにも持ち出した。いちのみやはいいぞ

 

f:id:kuma_w:20190610233612j:plain

一ノ宮 玉前(たまさき)神社。黒漆塗りの社殿に惚れた

 

f:id:kuma_w:20190610233550j:plain

絵になる。次回はじっくり覗きたい

 

f:id:kuma_w:20190610233555j:plain

一宮町 稲花酒造さんにて。金属の質感がお気に入り。

 

f:id:kuma_w:20190610233605j:plain

良い色乗り

 

f:id:kuma_w:20190610233608j:plain

前ボケ好き

 

f:id:kuma_w:20190610233800j:plain

北口本宮冨士浅間神社にて。ここに限らず手水舎は撮りたくなる。水の質感!

 

f:id:kuma_w:20190610233850j:plain

好きなのでこういう写真がたくさんある。

 

f:id:kuma_w:20190610233707j:plain

たくさんある。

 

f:id:kuma_w:20190610233803j:plain

ヒロイン

 

f:id:kuma_w:20190610233928j:plain

プラナーのボケはざわつきやすいとも言われるけど好き。これは開放F2

 

f:id:kuma_w:20190610233755j:plain

良い藤

 

f:id:kuma_w:20190610233719j:plain

食べ物はあまり撮っていなかった。子供に負けじとすぐ食べてしまうからか…

 

f:id:kuma_w:20190610233807j:plain

夏感が伝わるだろうか

 

f:id:kuma_w:20190610233718j:plain

ほぼそのまま。良い青!

 

f:id:kuma_w:20190610233852j:plain

f:id:kuma_w:20190610233845j:plain

50mmで動物園もなかなかたのしい

 

f:id:kuma_w:20190610233710j:plain

ディズニーランドでも。

f:id:kuma_w:20190610233713j:plain

f:id:kuma_w:20190610233716j:plain

ここではケンコーのブラックミストNo.1を付けっぱなしだった。このレンズと合うと思う。

 

f:id:kuma_w:20190610233931j:plain

f:id:kuma_w:20190610233940j:plain

シャドウの粘りというのか、とてもよく残ってくれる。もっと夜景撮りたい。

 

f:id:kuma_w:20190610233758j:plain

f:id:kuma_w:20190610233900j:plain

家族で散歩しながら

f:id:kuma_w:20190610233805j:plain

ベストショット

 

以上、どれもお気に入りなのでこれらを通して良さが少しでも伝わったらなぁと。このレンズはとにかくカドが立ちすぎないというのか、柔らかいものをしっかり柔らかく写してくれるので、人を撮るのにも最適だと思う。家族の写真をとるのが僕の一番の目的(顔がバッチリ写っているのを除くとこういう写真ばかりになってしまうので伝えづらいのだけど)なので、そういう意味でも最高の一本!おなじLoxiaでも、線の細すぎない85mmの重厚な写りとはまたちょっと違う。

しっかりとした色乗りとコントラストは好みが分かれるところだろうけど、このシンプルな外観が好きだったらまずそれだけで良いので(僕も見た目から入ったので!)ぜひ触ってみてほしいなぁと思う。…いやまぁ余計なお世話だがたぶんものすごく人気がないシリーズなので…

 

EマウントならLoxiaをぜひどうぞー!

 

 

 

休日散歩

幼稚園に通いはじめた息子は驚異的なペースで体調を崩す。復活したと思って登園すると翌日にはまたゲホゲホしだしたりする。巻き込まれる僕や妻はどのタイミングの風邪が感染ったのかよく分からないレベルだ。まさか令和初日に救急車に乗ることになるとは思わなかった…このゴールデンウィークは一族の間でずっと語り継がれることだろう。いまのところピジョンの電動鼻吸い器がベストバイと言える。

ようやくみんなほぼ元気になったところでおヒマをもらってカメラ片手に出かけてきた。本当に久しぶり。健康ってすばらしい。

ニシムラタクヤさんのこの素敵な記事を直前に読んでいたので勢いだけで清澄白河あたりに出向くことにした。

www.takchaso.com

Untitledとはいえなんのアテもない。門前仲町からとりあえず目についた富岡八幡宮を目指しつつまずは深川不動尊へ。午前10時頃からフラフラし出したのだけどこのとおりの快晴。五月晴れ!とにかく気持ちがいい。

写真はどれも日差しの感じが伝わるように現像したつもり。

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

深川不動尊

Untitled

Untitled

平日の午前中でもかなり賑わっていた。通りも素敵だし、地元の人に愛されているのがよく伝わってくるお不動さまであった。こちらは成田山新勝寺の別院らしいのであちらにもぜひ顔を出さねばね。

深川不動尊を突っ切って富岡八幡宮へ。こちらにも初めて来たので由緒からなにもかも分かっていないけどもうとにかく健康を祈願しておく。なにとぞお願いいたします。

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled 相撲と縁が深いお宮らしく、歴代の横綱を讃える碑が置かれている。これもそうだけど時折GRで撮っている。サッと撮れる28mm、気軽でほんとに良い。

 

Untitled

Untitled

こういう、なんでもないところのなんでもない写真がたくさんあるのは楽しい証拠!散歩しながらのんびり撮るの楽しすぎる…そのまま清澄白河方面へ。

Blue Bottle Coffee

まだ休憩という感じではなかったのでブルーボトルコーヒーは次回のお楽しみに。渋い立地にびっくり。 

Coci la elle

そして今回一番の収穫はこちら。コシラエルを覗いてきた!清澄白河にあったのね!(偶然発見した)

www.cocilaelle.com

日傘も雨傘も、とにかく素敵な一点ものばかり。スカーフやハンカチなど小物も。傘は柄のパーツだけでも販売していて、生地との組み合わせなど妄想するだけでもとにかく楽しい。傘にも沼があることが分かった。傘沼…

妻に急にプレゼントして喜ばれたいと思っている。とくに日傘!

Untitled唐突にソフトクリーム!

「チーズのこえ」というお店の「ソフトクリームあります!」看板に吸い寄せられて、本日のソフトを頂いた。休憩しながらかぶりついていたら、よほど幸せそうだったのか通りすがりのおばさまに「美味しそうねウフフ」 と突然微笑まれてしまった。それくらい美味い。

Untitled

チーズのこえ(写真撮り忘れた)店内でもらった清澄白河マップに載っていた紅茶専門店「TEAPOND」へ。 なんというかもうお手本のような観光客だな。妻の好きなダージリンのオリジナルブレンド茶葉を購入。お茶は軽いしお土産に最適。こちらもおいしい!また買いに行っちゃう。 

 

再び散歩。両国までその辺の小道やら隅田川沿いやらをてくてく。 

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

本当に天気の良い日で、最高の気分転換になった。日没まで居られなかったのが残念!

レンタルサイクルもあるし、門前仲町清澄白河エリアは自転車で巡るのも良さそう。被写体に事欠かないし、気になる場所がまだまだあるので近いうちにまた遊びに行きたい。ニシムラさんとNo.26に感謝。

 

 

 

GRの帰還

GRⅢ。初代からGRⅡへの更新がマイナーチェンジだったことを考えると実に6年ぶりの刷新。

タッチパネル、手ブレ補正、ハイブリッドAF、ダストリムーバル…現代のデジカメとすれば目新しい機能ではなくとも、これらを搭載した上でサイズの縮小を達成したのがなにより素晴らしい。

f:id:kuma_w:20190324023812j:plain

ブルーリングは結構気に入ってる

撮影モード数の削減、フラッシュ非搭載、細かいところでは前面GRロゴのグレーアウト化(従来はホワイト)レンズ部赤文字GR表記の廃止など、この機種の立ち位置を鑑みてよりミニマルなカメラにすべく心を砕いたのがよく分かる。僕は上記の変更全てを好ましく思う。モードダイヤルのロックがなければ完璧だった。

背面ボタンの傾き問題然り、高級感はないものの小さくなったことで凝縮感が伝わってくるのはとっても良い。よく言われているAFとバッテリーの貧弱さについての感想はもう少し使ってみてからかな。

f:id:kuma_w:20190324024214j:plain

個人的には GRD Ⅳ以来の、GR。歴史あるカメラとはいえ、やたらとブランド化されるのもそれをユーザー側が持ち上げすぎるのも違うと思うけれど、GRⅢは進化と回帰を高レベルで両立させた稀有な存在なんじゃないだろうか。

 

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

ひさしぶりの28mmも、エフェクトも楽しい。モノクロ4種類は特にもっと積極的に使っていきたい。

 

…ところで、もっと気軽に公園やら遊び場に持ち出せるカメラが欲しい!というのが購入を決めた一番の理由。(ポップな写真をGRで撮ってもいいじゃない!)

家族全員で、ならよくても小さな子供と2人だけで出掛けるには α7Ⅲでも扱いに困ることが結構ある。家族を撮るのにこれを選ぶ人はあまりいないかもしれないけれど、取り回しの良さは撮影機会を生む。小ささは威圧感を無くす。フルサイズ機のような写真は撮れないけれど、フルサイズ機はこのカメラのようには撮れない。

とにかく子供のすぐ傍で気楽に撮れるのは良いことだ。

 

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

 

 

 

 

浜離宮恩賜庭園にて

四季のなかでも冬はかなり好きだ。南関東にしか住んだ経験がないため、晴れの日が続くこの季節はなにをするにも気持ちが良い。寒くて嫌になる朝ももちろんあるけどファッションも楽しいしね。

よく晴れた平日の昼間、初めて浜離宮恩賜庭園を散歩してきた。

続きを読む

撮り初め


遅ればせながら明けましておめでとうございます。今年もマイペースにやっていく所存。

正月三が日全て仕事という憂き目にあっていたためようやく訪れた休みに撮影に行ってきた。

続きを読む