コートを買って

f:id:kuma_w:20151113012228j:plain

ユニクロルメールのコラボ。

クリストフルメールがどれほどの人に知られているかは分からないけれども僕はこのブランドがなかなか好きで、原宿のアローズメンズ館近くにあった路面店にちょこちょこ行ってニットやブルゾンを買っていたのが懐かしかったりする。

営業しているはずの日の昼時に行ったら「ちょっと外していますよ」てきな内容の貼り紙があり、実際数十分のあいだクローズされたままで驚いたのも良い思い出。まさかのお昼休憩かなにかだったのかしら…

 

最近では触れる機会が少なくなってしまいすっかり遠くのブランドとなっていたのだけれど、ここへきてユニクロとのタッグ。じっくり見るタイミングがなくデビューからかなり経った11月中旬、ようやくあれこれ試着。コートを買った。

個人的にはジルサンダー以来の良コラボ。余談だけど+Jも最近人気のものだけ?復活しているのね。

f:id:kuma_w:20151113012212j:plainf:id:kuma_w:20151113012219j:plain商品名は ウールカシミヤコート+E ちなみにカシミアなのかカシミヤなのかと思って調べてみたら、どっちでもいいっぽいとのこと。

オーバーサイズ気味のゆったりとしたつくりで肩の落ち方とか身幅や袖の絞らない感じが良い。縫製はまあまあ、生地は多少頼りないけどそこは値段とのバランス。シルエット含めよく出来ているのでは。ショールカラーに比翼なんてとても「らしい」と思う。コートというものをひっさしぶりに買って結構テンションが上がってしまった。

 

 

ちなみにトレンチコートも着てみた(こちらが目当てだった)ものの悲しいほど似合わなくて笑ってしまった。トレンチデビューへの道は険しそうである…。

 

さて、この「似合わなくて」というのは自分で感じたことでもあるんだけどその場に一緒に居た奥さんの意見でもあった。

これまでそこそこ、値段を言えば多くの友人にはひかれるであろうくらいには服や靴にお金を掛けてきた。自分が気に入ったものに。

 

もしくはその自分のセンスに自信が持てないために

「道行くカッコいいだれかが似たような服を着ていた」

ツイッターであのひとが良いと言っていた」

「こないだ読んだポパイに載っていた」

「…かわいい店員さんにおすすめされてつい」

などなどを理由やきっかけにして。

 

この、これが良いんだけど予算オーバーだからダメ、ここがすんごく良いんだけどなんか違う、これ最高!君に決めた!

みたいな取捨選択に、とても身近で僕を見ている奥さんの尺度が加わったことにハタと気づいた。これは友人や、付き合っていた頃の彼女の目線とは違う。もうぜんぜん違う。生計を共にして、寝ても冷めても基本的に一緒にいるひとなわけだから。そんな相手が「これどうかな?」って聞いてくるわけだから。

 

買い物だけではなくあらゆる状況で色々なことを自分の好みや気分で決めるわけにはいかなくなるわけで、それを不自由に感じることも多々あるだろうけどそれはそれでおもしろそう。とにかくそれを楽しんでいきたいと思う。

 

つまりある局面のある選択に多少自信を持てなくとも周囲に笑われようとも、自分が気に入って奥さんに良いねって言われたらそれはもう最高の選択だからいいのだ。

ファッションについて言えばユニクロでもしまむらでもいいし伊勢丹でももちろんいい。カード切っちゃう!切らせてください!

 

 

 

こないだ靴買ったばかりでなんだけど僕ももういい大人だしさ、ジョンロブかエドワードグリーンあたりで二、三足買いたいんだけどどうかなー?

 

なんでもないですすみません。

 

 

 

EOS M3 購入記

 

例のごとく盛大に放置してしまっていた当ブログ。

 

結婚したりそれに伴う引っ越しをしたりと結構忙しくしていたのだけどそれもひと段落。今年と来年は人生が騒がしそう。ファッションで指輪を付ける文化がなかったもので結婚指輪に全然慣れない。

 

写真を撮る機会も増えるのでは、とのことで(おくさんに慎重にお願いして)このたび新しいカメラを購入。

下に挙げるような理由でEOS M3にした。

f:id:kuma_w:20151108231653j:plain

① 気軽に持ち歩けるサイズ

そもそもリコーのGRD4を愛用していたこともあり、これは外せない絶対条件。レンズ交換式にこだわりは無くコンデジでも良かったのでGRもアリだったのだけど、後継のGR2が期待していたほどのスペックではなかったので自然とミラーレスが購入対象に。

 

② EVFが好みではないので内蔵でないもの。あとタッチパネル液晶

人によってはファインダーが無いなんてのはありえないんだろうけど、無いことによる撮影時の不具合がどれだけあろうが背面液晶で画角を確認→フォーカス→シャッターのリズムに慣れているのでそちらを優先。カメラ業界はこの先、スマホと本格的に戦わなきゃいけないんだから量販モデルについてはこの方向性でいくべきなのではと思う。

 

③ レンズの選びやすさ

EOS Mをあれこれ調べるとM専用レンズは本体購入時点で4本しかない。これには不満な人が多いと思うけども、初心者からしたらその中から選ぶしかないのでむしろ分かりやすくて助かる。明るい単焦点が大好物なので、キットレンズのEF-M22mm F2 STMでばかり撮っている。これは手に入れやすさの割にかなり素敵なレンズな気がする。

 

④ 見た目

…まぁ結局のところ、一緒に検討していたソニーのミラーレスよりもこちらが気に入ったということ。フォルムが気に入ってないと確実に持ち出さなくなる。

 

f:id:kuma_w:20151109005214j:plain

f:id:kuma_w:20151111115203j:plain 

群馬県の榛名湖と榛名神社(への道中)での一枚。よく晴れて紅葉もすばらしかった。キャノン全般なのかM3とこのレンズとの組み合わせからなのか優しい色合いで撮れる印象。メーカーごとの違いというか方向性は全く知らないのでリコーに慣れていたから感じているというだけなのかも。

リコーの、というかGRの?とことんシャープな感じも大好きなので今後も注目していきたい。どんなに良いGR3が出てきても買えないので主に店頭で注目することになるでしょうが…

 

とにかく写真楽しいのでどんどん撮って腕を磨きたい。あと広角レンズ欲しい…

 

 

フェイバリットシャツ

一月の中旬という一年で最も地味な時期に、地味なシャツを買った。

f:id:kuma_w:20150123185701j:plain

マーガレットハウエルというブランドをどう知ったかはもう覚えていないけれども、気がつけばここのシャツが今回のものを含めて4枚、クローゼットに収まっている。

シャツが好きなうえ仕事でスーツを着用しないのでこういうカジュアルなシャツがどんどん増えて行く。どれも洗いざらし

 

こちらはもう何年も同じ型で出続けているもので、いわゆる定番。やや小さめの襟、広めの身幅、サイドタック、短めな着丈と袖丈。

他の部位がちょうどよくても胸まわりがきつくて着られない、というケースが多い自分にとっては完璧なつくり。安心と信頼のスペック。 

余談だけど以前シャツをパターンオーダーした際にもここの白シャツをトレースした。まさにフェイバリットシャツ。地味だけど不満なく着られる自分に合うシャツが見つけられたのは幸運なことだと思う。

 

今回のはコットン95%ウール5%ということで色味も相まってやや重厚感がある。このパターンの混紡生地は初体験。特に意識はしていなかったけどこれまで明るい色のシャツしか持っていなかったのでネイビーはとても新鮮。(しかし濃紺の撮り辛さよ…)

 

シーズンものだしセールも終盤だからだろうけど50%オフとはラッキーだった。

つまり早速散財しているのだった。

 

 

ベストなバイ2014

始めたばかりのブログなのにいきなり去年を振り返ってみる。

このタイミングといえば!みんな大好きベストバイ!

 

なんとも中途半端なことに7つとなりましたよ。

 

 7位

DREAMING OF THE SHINING STARS  コットンニット

f:id:kuma_w:20150112100829j:plain 

ド年末、恒例のセールを見にディストリクトユナイテッドアローズへ。あれこれ物色したのち、2015SSのこちらを購入。どうしてこうなった…。

 

コットンニットがそもそも好きなことに加えこのオリーブカラーに一目惚れ。

袖口や前腕部から肘にかけてなど各所で織りを変えてデザインされているのがポイント。なのだけどうまく撮れなかったので写真はあっさり断念。

ダブルネームになっているけどディストリクトでしか買えないのだろうか?

 

6位

orslow  フレンチワークパンツ

f:id:kuma_w:20150111154417j:plain

オアスロウはこのパンツが以前から気になっていたものの実物を見る機会が全くなかった。本腰を入れて調べてみたところclassicoという谷中にあるセレクトショップが取り扱っていることが分かり早速アタック。

余談だけど真夏だったため行く途中に立ち寄って休憩した(ビールまで飲んでしまった)こちらがとても居心地の良いお店だった。料理も美味しくておすすめ。COUZT CAFE

 

classicoはこじんまりとしたお店ながら服だけでなく雑貨も置いてありなかなか楽しい。オアスロウの他にはTEMBEAのトートバッグなんかも可愛くて良かった。

件のパンツについて聞いてみたところ、エクリュ(他にインディゴがあったらしい)は早々に完売してしまったはずが店主の方の在庫管理の手違い?で一本だけ残っていたものがたまたまありましたとのこと。そんなことを言われてはもう買わない理由がなかった。

 

5位

CONVERSE × Maison Martin Margiela ジャックパーセル

f:id:kuma_w:20150111162642j:plain

鮮やかなブルーのジャックパーセルに白いペンキをぶっかけたもの。両ブランドともだいぶ好きなため我慢できず購入。遥かルクセンブルクから届いた時には一部のハト目もペンキで塞がっているほどのぶっかけぶり。

f:id:kuma_w:20150111163010j:plain

この様にテンションが掛かる部分から剥がれ落ちてくる。これからの経年変化が楽しみ。初陣は北海道旅行だったのだけどレンタカー内にそこそこペンキを落としてしまって申し訳ない気持ちに…

 

フィットハイブリッドは旅行にピッタリの良いクルマでした(罪滅ぼし)

 

4位

jutta neumann  Alice

f:id:kuma_w:20150111160607j:plainf:id:kuma_w:20150111160646j:plain

服や靴を買い始めたころから好きな渋谷のお店 illminate81 がユッタニューマンに別注をかけたこちら。

このサンダルはビルケンシュトックのソールが採用されているため、ボロくなったら交換して履き続けられる。土踏まず部分をえぐり込むようにソールが形成されていて、レザーのフットベッドと合わせて履き心地も歩き心地も良好。

 

バケッタレザーの絶妙なオリーブカラーが素晴らしい。これは良い別注。

夏は上記のパンツとこのサンダルという組み合わせばかりだったような。

 

3位

Apple  iMAC

f:id:kuma_w:20150112102724j:plain

Windowsからの乗り換えは思ったほど苦労しなかった。携帯は3GSの頃からiPhoneだったのでようやく母艦とマッチしてスッキリ。Macだからなのか最近のPCはみんなそうなのか分からないけど稼動音がとにかく静かでそれだけでも買って良かったと思える。

Time Capsuleも賢くて安心できるので良い買い物だった。

 

2位 

Marshall  STANMORE  Bluetoothスピーカー

f:id:kuma_w:20150112102818j:plain

f:id:kuma_w:20150112102839j:plain

「&Plemium」誌上で最初に見かけて以来、半年以上?ずっと欲しかったスピーカーをMacと同時に購入。(Appleオンラインストアで販売されてた)マーシャルアンプの意匠を取り入れたデザインがとにかくカッコ良くてもう最高。付属のステレオケーブルがカールコード仕様なのもグッときちゃう!

Bluetoothの掴み具合も音質も及第点なのでは。思っていたよりかなり良かった。正直BOSEあたりで探せばもっと低価格で高性能なものが見つかるような気がするけどそこはデザインとネームにお金を払ってもいいでしょう。

 

1位

theo  mille+01

f:id:kuma_w:20150112103216j:plain

f:id:kuma_w:20150112103229j:plain

栄えある1位は黒ぶちメガネ。10月の頭だったか、かなり久しぶりに好きな眼鏡屋さんに足を運んだところ「見るだけ見るだけ」→「購入」の様式美をキメた。

遊び心いっぱいのtheoにおいてはおとなしめではあるけどそこそこの太さでこの丸っこいフレーム(加工にかなりの技術を要するとのこと)は結構インパクトがあるしどことなくおもちゃ感があるのがおもしろい。細かな所まで綺麗につくられていてさすがの一言。

 

眼鏡好きなので何本か持っているけど黒ぶちはやはり掛けやすくて登板回数多め。

f:id:kuma_w:20150112120622j:plain

似顔絵入りのかわいいふくろ!

ありがとうございます。

 

 

というわけでベストバイ終わり!2014年はなかなかの散財ぶりだったような…。

2015年はもう少し預貯金を大事にしていきたいと思っていますよいや本当に…。

 

 

 

はじめに

昼も夜もなくツイッターまとめサイトばかりで書くことも読むこともろくにやらなくなってどんどん頭が悪くなっていることを憂いた僕は、ほとんどボケ防止のために某所で1年ばかり誰も見ないブログを書いていた。

 

のだけれど誰も見ないので更新頻度はすぐに下がり内容も簡素なものとなってしまい、どうやらボケも防止できていないことについに気がついたのでこれからはきちんと体裁を整えてこちらに投稿していきたいと思っているところ。

年も変わったことだしね。

 

好きなブログをよく見てみたらほとんどがはてなブログだったためマネしてみる。シンプルそうで非常によろしいのでは。よく分かっていないが細かいところはちょこちょこいじっていきたい。

そんなこんなでよろしくおねがいいたします。

 

どうでもいいけど仕事上のメールでは「よろしく」と「おねがい」と「いたします」をそれぞれどこまで漢字にしたらいいかいまだに悩みがち。

 

よろしくお願い致します。