ベストなバイ2015

2015年もあと数時間でおしまい。今年もお疲れ様でしたということで買って良かったものを振り返ってみた。

 
8位
山と道 サコッシュ
フランス語で袋だとか鞄だとかを意味するらしいサコッシュ
出自はロードレースの現場だけどこちらは山歩きに必要なものをスマートに携帯するためにできていて、あらゆるアクティビティのお供になる。
夏はこれだけしょってフラフラ出掛けたりしていた。この容量で収まるだけに待ちものを厳選する楽しみがあったりする。シンプルなつくりに紐の長さ調節などはよく考えられていて素敵。
 
 
7位
メイソンピアソン ポケットブリッスル
おくさんへのプレゼント。
ハンディブリッスルと悩んだけどこちらのサイズで十分だった。とかしやすいし使用後はさすがのサラサラさ。
公式サイトから買ったところ思いのほか待たされず手元に届いた。値段も手ごろだし満足感が高くておすすめ。
 
 
6位
マルジェラ ジャーマントレーナー
これはもう何年も出ているし履いているものの色違いを買っただけなので、特に書くこともないんだけど履くたびにやっぱり良いなーと思う。個人的定番。
ちなみにシーズン的にはブランド名からマルタンが外れたあとのものだけどタグにもタンの刻印にもMartinは健在。どういう分け方なのか気になるところ。
 
 
5位
オーガニックコットン洗いざらしブロードシャツ
長らく白シャツを買い足せていなかったのだけど、十分満足できるものが見つかった。
アングローバルがディレクションに入っているからなのか何なのかよく知らないが、生地や縫製は置いておいてシルエットはまんまあそこのシャツである。そしてこの価格…。ありがとう無印。
 
ファッション好きとしては明らかに本家を買い足すべきだがもはや何でもない時においそれとは買えないのだ。ごめんよマーガレット。また行くよ。
 
 
4位
カープ坊やのTシャツ
広島カープにとって今年はなにかと話題の多いシーズンだった。終わってみれば…であったが黒田フィーバーは嬉しかったし一度だけ観に行けた神宮で良い試合をやってくれたし満足。マエケン頑張ってきてね。
 
このTシャツはとにかくかわいい。カープなのにブルーボーダーというセンス。おなかにはこれまたかわいいスラィリーがいてかわいい。ちなみに本物のスラィリーは全然かわいくない。
 
 
3位
スムースデイ タートルネックニット
このニット、14年秋冬の時点でリリースされていたものの、当時メンズはワンサイズ展開だった。
生地をとってもパターンをとっても最高峰だと思うこのブランドの惜しいところは、サイズがもうひとつ煮詰められていないところだと感じていたのだがしかしこの秋に2サイズとなって継続!
服や靴について「ここがこうだったらいいのに」といった要望が叶うことは極めて少ない。追っかけ続けていて良かった。
もふもふの牛、といった趣である「ヤク」の毛を使ったニット。ネック部分の長さとアレンジのしやすさ、暖かさと肌触りの良さがポイント。こういう着る季節の限られた服で気に入ったものを買えるというのはとても贅沢だし嬉しい。
 
 
2位
コンバース Chuck Taylor 70'
「70年代のチャックテイラーを再現」という謳い文句に偽りはなくディテールも色味もとても良く出来てる。
現行とは大きく違ってとにかく存在感があるので、服装をシンプルにまとめるだとか足元以外で主張したい!という時には全く向いていない。
ファッションにアメカジから入ったコンバース大好きおじさんたる僕にはこの靴がこの価格(LN-CCのセールで6000円程)で買えるとはなんたる僥倖。
ローもハイも買ってしょっちゅう履いている。
 
 
1位
キャノン EOS M3
ブログで既出のものが一位となってしまうという微妙な結果となった。
いまやスマートフォンのカメラもかなりの出来ではあるが、大きなセンサーを積んでさえいればこれらデジカメはまだまだ負けない(今後もそうであってほしい)ことを実感できた。
どこでも持ち運べるギリギリの大きさに上手に収められていて簡単にキレイに撮れる。本当に買って良かった。
 
 
おくさんの実家でゴロゴロさせてもらいながら暇にあかしてiPhoneで書く、という特殊な状況なので画像を貼る気になれずなんとも分かりづらいベストバイになってしまった。カープのTシャツなんて画像ありきだろすみません。
 
 
 
まぁ実際のところ 結婚指輪がダントツのベストバイ だということをしっかりと書いておいて終わろうと思う。ありがとうございました。
 
 
それではみなさん良いお年を。