読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「シン・ゴジラ」

映画

端的に言って大傑作だった。

 

ゴジラ」に関してはこれまで一作もまともに観ていない。いわゆる特撮ものも子供の頃ウルトラマンをほどほどに観ていたくらい。

ネットでの評判と、伊集院光が手放しで褒めるのを聴いたのがキッカケだけど、たぶんそれだけだったら劇場に足を運んで1800円を払う気にはなっていない。やはり「総監督 庵野秀明」という箔があってのこと。

じゃあ庵野秀明信者なのかといえばそんな事もなくて、エヴァ以外の作品には全く触れていない。エヴァについてもわりとライトなファンであるに過ぎないのだけど、ただ「巨神兵東京に現る」は単純にプロットとつくりの細やかさに感心したのでその辺の期待はあった。

 

…とまぁそれくらいの人間の感想。普通に2Dで鑑賞した。

 

 

この映画の根幹はコピーの通り虚構が現実に入り混じる点で、未知の巨大な、それもどうやら核分裂によって稼働している超生物に遭遇した時、東京は?日本は?世界はどうする?ということのみを徹底的に描いている。

なので登場人物の背景や個人的思想、対ゴジラ以外の行動は省かれ描かれない。(キャストの豪華さとの対比がまた良い)

「現実」たる人類の葛藤と「虚構」たるゴジラの無機質さ、その織りまぜ方が絶妙だった。 変体を含めたゴジラの造形は完璧だし、破壊そのもののスペクタクルはもちろん売りのひとつでヘリ VS ゴジラ!戦車 VS ゴジラ!!やっぱりぶっ倒れるビル!!!も最高なんだけど、僕にとってはこの手の映画での全く新しい見せ方で、冒頭からラストまでのめり込んでしまった。

 全編通してのカット割りとスーパーによる状況の解説はまさにエヴァンゲリオン的でスピーディーだし、BGMはまぁやっぱり嬉しくなってしまう 笑

 

あと石原さとみ演じるカヨコ・アン・パタースンは、石原さとみじゃなくても良いけど「こういうカヨコ」じゃなきゃダメなんだと思う。2次元の3次元化そのもの。ここはアニメの監督(個人的認識だけど)としての矜持で、今作で絶対に欠かせない人物だったんじゃないかと思う。これはもう観てもらえれば絶対に分かる。

 

ほぼ知識ゼロで映画を観たあとにいろんな方のレビューを読むのが大好きで、当タイトルはそれがまた特に面白い。これはエヴァでも毎回感じることだけど庵野作品の楽しみのひとつなんだろうな。

時間が捻出できればなんとかもう一度映画館で観たいと思う。