昼も夜もないブログ

最近は子供とカメラとレンズのことばかり

be a minimalist?

paper mini wallet

服も靴も持っていないし、デムナ・ヴァザリアにさして興味があるわけでもない。バレンシアガとは、今はもうさほど関心がなくなってしまった海外ブランドたちを暇にあかしてネットで眺めるついでに流し見るくらいの存在だ。

 それでもこのカードケースみたいな大きさの財布はとても魅力的だった。「paper mini wallet」というらしい。もう6年だか7年だか使っているホワイトハウスコックスが(僕が手入れをしなさすぎたせいで)だいぶみすぼらしくなってしまっていて(みすぼらしいので載せない)長いこと新しいものを探していたところにFashion pressだかなんだかの過去記事を見て知った。もう長らく人気商品だそうで。

 

銀座の店舗で実物を見せてもらった時には、時期の問題もあり完全に「プレゼントをお探し」な感じに受け取られてしまい、つくりをじっくり観察するのにちょっと気まずさがあった。良い年した男ですが使いますよ。

paper mini wallet

ホワイトハウスコックスの定番のものと同様に(こちらは小銭入れは外側に付いているが)使い慣れた三つ折りでありながらびっくりするほど小さい。比較は iPhone SE。カメラを持ち歩くことも多くなり、日頃から荷物は少なく小さく軽くしたいと思っていたのでちょうど良かった。色は黒もつまらないかと思いグレーにした。グレーフォシルという名称だったか。

paper mini walletpaper mini walletpaper mini wallet

小銭入れも札入れもまぁミニマム。カード入れは札入れ部に3枚分しかない。3枚だ。これはもうあれこれ無駄に持ち運んでいたカードたちにお留守番してもらい、本当に必要なものだけにするしかない。

免許証に保険証にキャッシュカードにクレジットカード...。すでに許容量を超えている感があるが一箇所に2枚までならあまり無理なく入りそうなのでその辺はあまり気にしないことにする。いやしかしこの財布がてっぷり太っていたら本当にかっこ悪すぎるので真剣に考えないといけない。

 

そう、Tカードもポンタカードも持ちあわせていませんよぼかぁ!

 

この厳選作業は実際やってみるとかなり楽しい。今俺は無駄をなくしてる!これはあれだ!ミニマリストだ!という気持ちになりたい僕のような人には文句なしにこの財布おすすめできる。