昼も夜もないブログ

最近は子供と写真のことばかり

「Under Construction」

Under Construction

”壁のようなカバン作家”カガリユウスケ氏の新作発表個展に足を運んできた。

 

今年は3331Arts Chiyodaで行われた個展は開催を知るのが遅すぎて行けず、渋谷は神宮前のセレクトショップハウス@ミキリハッシン」店内での展示のほう。存在を知らなかったがカガリ氏との関係は長いらしく、今回もショップ別注品がリリースされていた。

去年の展示レポートはこちら

 

 Under Construction、工事中。工事現場そのもの、工事現場で働くひと達、使われる素材、そこから連想されるものなどが今回のテーマ。本人のアトリエのある神田・秋葉原エリアあたりは現在、東京オリンピックによる建築需要増加によって工事現場だらけ。そこが発想の始まりだそう。

Under Construction

Under Construction

Under Construction

こちらはその名も「コシブクロ」。工事現場で作業員が工具を大量に入れ腰からぶら下げているアレがイメージソース。全ての小さいポーチをバラバラで買うことが出来るので、気に入った組み合わせで使うことができる。もちろんそれぞれ単体でもOK。なかには”ミンティア入れ”なんてのもあった(笑)

Under Construction

Under Construction

このバケツはすごい。バケツだけどレザーでつくられているため水は入れられない。これといった用途がない。電源アタッチメント付属のバケツ・ランプもあり、こちらは照明になる。最高。

Under Construction

Under Construction

実際の壁写真をサンプリングする手法がよく使われる。この雰囲気よ。すっかり僕も街中でスナップする際には壁が気になるようになってしまった。趣があって良い壁ってのが結構あるもので。

これはビニールだと思うのだけど、詳しく聞くのを忘れてしまった...下のは東京岩本町の壁だそう。今回の作品をまとめたパンフレットの表紙にはこちらのビジュアルが採用されていた。

Under Construction

こちらも詳細を尋ねそびれてしまった。「配線」や「投光器」がキーワードかな?

Under Construction

左のボディバッグは半透明な素材がアクセントになっていて、こちらは本物の防炎シートが使われているそう。トート2種はフレキシブルコンテナバッグ略して「フレコンバッグ」がデザインソース。土砂、粒状の製品原料などを梱包・輸送する袋とのこと。…ほんとに色々あるな。

工業用のデザインや素材を取り込みつつ、現実的なバッグにまとめるアプローチはどれにも共通しているのだけどこのあたりのバッグは特に秀逸。

中央の黒いトートバッグは「SKIN」シリーズのもので、硬いパテではなくて柔らかなレザーが使われている。僕はもうすっかり着なくなってしまったのだけどアルチザン系の服が好きな人にもピッタリ。これ持って足元はGuidiなんか履いたらカッコいいな…などとウットリしてしまった。

 

Under Construction写真では全然分からないのだけど、小物系はカード&キーケース(鍵を引っ掛ける金具付きのカードケース)が良かった。キーケースを持ち歩いている人にはピッタリ。

Under Construction

どこかで見たような形...銭湯なんかで自分のロッカーの鍵を巻きつけるアレだった。現場で仕事を終えた作業員たちが風呂で汗を流すーそんなイメージからつくったとか。工事中、工事現場、からさらに一歩踏み込んで人にフォーカスしているのがおもしろい。実際に小さな鍵を収納できる。

Under Construction

スクエアリュック。ジップ自体がデザインのファイブジップ!右側のものはこれもまた防炎シート仕様。

Under Construction

Under Construction

フルラインナップではなかったのが残念だったものの、ミキリハッシンの店員さんに丁寧に説明してもらい存分に楽しむことができた。置かれていたのは僕の知らないブランドだらけで、セレクトショップとしても実に面白そうだった。パンフレットは取り寄せも出来るそうなのでぜひ。

www.yusukekagari.com

「コシブクロ」と「フレコンバッグ」欲しい…。

 

 

ところで珍しく神宮前まで出掛けたので、散歩の道すがら写真も少し撮ってきた。全てα7ⅢとLoxia 21mm。

Untitled

NEPENTHES TOKYO NEPENTHES TOKYO

ネペンテストーキョー(こちらもこんな所にあるとは知らなんだ)店頭の巨木。どういう意味があるのかしら。

Tout le monde

素敵すぎる外観。この日は営業しておらず残念だった...。ちょっと調べたらポストカードやステーショナリーを扱っているお店らしい。再訪したい。

Untitled

お店なのかなんなのか分からなかったのだけどこの不思議なつくり。無造作に置いてあるタイヤの感じといい、素敵な階段の素敵空間。

 

”ミキリハッシン”

Under Construction

いつものロゴかと思いきや、にこにこあっかんべー。かわいい。